紫外線対策

紫外線対策

 

海に行って全身の皮がベロンベロン、これが幼少期の夏休みの情景でした。

 

目の前が海水浴場で、毎日そこで遊んでいたのです。

 

しっかり水着の形に日焼けしていない部分が残りました。子供だからこれで済みましたが、大人がしたら確実にお尻ニキビと黒ずみが生じます。

 

水着は透過しないような生地になっていますが、念のために紫外線を反射する日焼け止めのアウトドア用のものを塗っておきましょう。紫外線は細胞を破壊して、乾燥を引き起こします。お尻ニキビの要因となります。

 

そしてメラニン色素の生成を促しますので、カットすべきなのです。女性はパレオ、男性はハーフパンツなどを陸にいるときには着ておいた方が後で黒ずみや乾燥によるお尻ニキビができるのを防げます。

 

油断しがちなのが普段の生活です。服を着ているから紫外線は届かないと思っていても白や淡い色のUVカット機能が無い物はしっかり紫外線を透過します。

 

出来たら下に濃い色のものを履きましょう。私はシャツワンピースの下に黒のショートパンツ型のペチコート、スポーツ用のレギンスという格好を昔はしていました。

 

スポーツ用のものは吸湿速乾、冷涼と紫外線カット以外にも豊富な機能がついていますので、おすすめです。

 

秋冬でも周囲の建物や雪の反射で紫外線は降り注ぎますので、やはり軽い日焼け止めを使った方がお尻ニキビや黒ずみ予防にはなります。

 

紫外線によるダメージというのはすぐには出ないので、蓄積して黒ずみやお尻ニキビができるということもあります。

 

関連ページ

漢方薬や鍼灸が有効
お尻ニキビや黒ずみが治りにくい時には漢方薬や鍼灸が有効なことがあります。
サプリメントも組み合わせる
お尻ニキビや黒ずみをよくしていくのにはビタミン等の栄養を取ることが、大切です。
根気よくケアする
急に良い作用が出るという事はある意味身体に無理をさせるという事です。焦りは禁物です。
予防が大事
お尻ニキビや色素の沈着による黒ずみは発生してしまうと中々改善しません。
気にしすぎは禁物
お尻ニキビや黒ずみが気になって、何度も触ってしまう、こういうことがある方は注意しましょう。