気にしすぎは禁物

気にしすぎは禁物

 

お尻ニキビや黒ずみが気になって、何度も触ってしまう、こういうことがある方は注意しましょう。

 

ある程度は触れて確認しないといけない部位ですが、お尻ニキビをつぶしてしまったり、黒ずみが気になるということで触ると摩擦や細菌繁殖で悪化します。
特にニキビは潰すと治ると言いますが、お尻は、自分では手が届かない部位ですので潰し方を間違えることがあります。潰すにしても、指ではなく専門の道具で毛穴が開いた状態のものをつぶすのです。

 

お尻ニキビや黒ずみが気になって温泉や海水浴に行き辛いという方もいるでしょう。水着を着れば大丈夫ですし、温泉で同性のお尻を細かく見る人はまずいません。普通にケアしていれば十分なので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

 

極端な方は本当に極端でして、お尻ニキビや黒ずみにはあれが良くないからしない、食べないということもあります。場合によってはカウンセリングが必要な醜形恐怖ということもあります。

 

これは姿に固執する病気です。周囲が大丈夫と言ってもお尻ニキビや黒ずみにこだわり化粧品をかたっぱしから試してしまうのです。これは皮膚科領域のものではないのですがあちこち病院に行く人もいます。

 

お尻ニキビや黒ずみは確かに気になるでしょうが何も言わずに誘いを断ったりしますと付き合いが良くない嫌な奴という風に人間関係が悪化します。

 

それで仕事に支障が出たりしますとストレスがたまってしまってお尻ニキビが悪化する要因となります。黒ずみにも影響が出るのです。

 

関連ページ

漢方薬や鍼灸が有効
お尻ニキビや黒ずみが治りにくい時には漢方薬や鍼灸が有効なことがあります。
サプリメントも組み合わせる
お尻ニキビや黒ずみをよくしていくのにはビタミン等の栄養を取ることが、大切です。
紫外線対策
紫外線によるダメージというのはすぐには出ないので、蓄積して黒ずみやお尻ニキビができるということもあります。
根気よくケアする
急に良い作用が出るという事はある意味身体に無理をさせるという事です。焦りは禁物です。
予防が大事
お尻ニキビや色素の沈着による黒ずみは発生してしまうと中々改善しません。