環境を整えることも大切

環境を整えることも大切

 

お尻ニキビや黒ずみがある方は、その回復のために必要な湿度、照明、室内の調度が必要です。

 

どういうことかといいますと、肌を乾燥させず、湿りすぎないように室内の環境を整えていくことが大切です。

 

具体的にお尻ニキビや黒ずみが起きにくい環境づくりの例を挙げてみましょう。まずは紫外線を室内に取り込みすぎないことです。

 

適度に浴びないと、覚醒を促す交感神経が働きませんので、朝10時までの日光は浴びた方がいいのです。しかし、夏場の紫外線を浴びてしまいそうなときは、グリーンカーテンやブラインド、カーテン等でシャットアウトしましょう。

 

また、寝具は吸湿性が良いシーツを選びましょう。寝ている間にパジャマや下着に汗をかいた肌がすれてしまうと、お尻ニキビや黒ずみが悪化します。

 

夏場用の麻のマット式シーツや吸湿シーツを使うと汗のかきすぎで、起きてしまうことも減るかもしれません。現実に暑さに極端に弱い愛猫が寝ています。動物は湿度計など無くとも、感覚で不愉快な状況を回避します。

 

そういうものが退化した我々は湿度計、加湿器などが必要です。空気清浄器も花粉や菌でお尻ニキビや黒ずみの切欠の刺激を回避することが可能な品です。アレルギーの方は必要ですね。

 

お尻ニキビや黒ずみの化粧品は夜間働くものが多いのですが、睡眠を十分にとることも大切です。シーツの色は副交感神経を動かし休息させる寒色系、照明は暗すぎず明るすぎない間接照明にしましょう。

 

寝る前に直接光を浴びると脳が興奮します。寝しなの携帯電話やパソコンのブルーライトもお尻ニキビや黒ずみを回復させる睡眠の邪魔になります。

 

関連ページ

肌の質のチェックが大切
お尻ニキビと黒ずみの対策にはまずは肌の質のチェックが大切になります。
季節とお尻ニキビと黒ずみ
夏と違って、ボディケアを怠る方が多いのが冬です。ですが、空気が乾燥し、ウールなど毛足の長い服を着るときこそ、お尻ニキビや黒ずみ以外もボディケアに気を配りましょう。
睡眠と肌の関係
お尻ニキビと黒ずみが思い切り出る夢を見た、こういうことがある方もいるかと思います。典型的な逆補償夢というものです。
栄養はバランスよく
お尻ニキビや黒ずみの解消のために肌の細胞の入れ替わりを早めるには細胞を新しくするための栄養素が必要です。
運動もこまめにする
1日30分の音楽を流しながらの運動、関節を柔軟にして血行を良くするものを行なっています。これを始めてからお尻ニキビや黒ずみ等が出ずに肌の状態が良くなりました。