ニキビは何故できる

ニキビは何故できる

 

お尻の黒ずみの要因としてお尻ニキビが登場することがあります。

 

黒ニキビという毛穴が開いた状態のものや炎症を起こしたものの痕が黒や茶色になってしまうこともあります。痕の場合はメラニン色素の沈着なので、場合によってはレーザーや強い薬など皮膚科の治療が必要なこともあります。

 

よくお尻ニキビはアクネ菌が要因という風に思う方がいます。それは赤くなってしまった後の話です。

 

お尻ニキビは実はニキビであってニキビではありません。ニキビというのは思春期の皮脂分泌が狂ったため顔に出来るものです。性ホルモンの問題です。対して他の部位に出来る物は、生活習慣の問題や間違ったケアで起きるものです。

 

医学的には、尋常性ざそうがお尻ニキビも思春期ニキビも正式名称です。放置しても命に別状はありませんが、あまりに酷い場合は化膿して黒ずみの要因にもなるので早めに見つけましょう。

 

最初はコメドという毛穴につまった皮脂が膨らみ白ニキビになる、そして毛穴が開くと黒ニキビになります。ここまではただ単に毛穴に皮脂が詰まった状態です。この皮脂をアクネ菌が食べて増えて悪さをしますと赤ニキビとなります。

 

アクネ菌は感染力が低く、空気がある環境では生きて行けず、皮脂腺の下にいる菌です。

 

ただ、免疫が落ちていたり性ホルモンのバランスが崩れた時には、大きく繁殖してしまいますので、黒ずみと同時に早めの対処をすることが大切なのです。

 

お尻の場合なかなか気が付かないので悪化しやすいものです。

 

関連ページ

お尻は第2の顔
お尻派自分では見えない場所ですし、滅多に人に見せません。そのため、あまりケアをしない方が多いようです。
お尻ニキビと黒ずみの相関性
お尻ニキビと黒ずみの相関性について説明します。
お尻ニキビと黒ずみと皮膚の構造
お尻ニキビと黒ずみと皮膚の構造について説明します。
性ホルモンとお尻ニキビと黒ずみ
性ホルモンとお尻ニキビと黒ずみについて説明します。
年齢とお尻ニキビと黒ずみ
年齢とお尻ニキビと黒ずみの関係について説明します。