お尻は第2の顔

お尻は第2の顔

 

お尻を触ってみたら、ざらっという事はよくあることです。黒ずみ、お尻ニキビなどです。

 

お尻派自分では見えない場所ですし、滅多に人に見せません。そのため、あまりケアをしない方が多いようです。

 

ですが、お尻ニキビを放置しますと椅子に座った時痛い、または化膿したものが、下着について不衛生になることもあります。傷口には多くの菌が集まりますので、ふとした瞬間に潰してしまったために他の皮膚疾患が起きることもあるのです。

 

昔は薬用アロエのしぼり汁を塗ってばんそうこうで覆ったものです。抗炎症作用があるのです。今は良いお尻ニキビ用の化粧品があります。

 

黒ずみは、皮膚の表面ではなく、その下にメラニン色素が沈着したものです。これは、美白効果のあるものでケアしていくといいでしょう。

 

でも、お尻は人に見せないからいいという方も多いでしょう。でも、近くに生殖器や臓器があるので大切な場所です。

 

肌の状態も医療従事者は見て何が起きたか判断します。お尻ニキビや黒ずみをいざという時見られて困るのは皆様です。婦人科などでは内診そのほかがありますから。

 

私達日本人は、後ろ姿に美を見出す生き物です。着物の帯は海外の方にはこだわることが理解できないようです。でも、女性の美しさ、性的魅力のひとつにお尻をはじめとする下半身の美しさがあります。

 

お尻フェチの男性は多くお尻ニキビや黒ずみのない滑らかなヒップを夢見る方が多いようです。水着などを着た時がっかりしないように手入れしておきましょう。
男性も人に言うからには、きちんとケアしましょう。

 

関連ページ

お尻ニキビと黒ずみの相関性
お尻ニキビと黒ずみの相関性について説明します。
ニキビは何故できる
お尻ニキビは実はニキビであってニキビではありません。
お尻ニキビと黒ずみと皮膚の構造
お尻ニキビと黒ずみと皮膚の構造について説明します。
性ホルモンとお尻ニキビと黒ずみ
性ホルモンとお尻ニキビと黒ずみについて説明します。
年齢とお尻ニキビと黒ずみ
年齢とお尻ニキビと黒ずみの関係について説明します。