基本は保湿する

基本は保湿する

 

私たちの肌の細胞は水分を含み弾力性を持つことで、摩擦や乾燥を防ぎます。

 

皮脂は乾燥すると、余計に分泌されますのでお尻ニキビが出来やすくなります。乾燥した状態では、肌が傷つきやすいので黒ずみも生じやすくなります。

 

昔は赤ちゃんのおむつかぶれ対策などにベビーパウダーをはたいていましたが、合う方と合わない方がいます。かえって毛穴をふさいでしまうので、慎重に使った方が良いでしょう。

 

お尻ニキビや黒ずみを防ぐときには保湿が大切です。入浴の時に保湿効果が高い入浴剤を使ったり、上がり湯に乳液を混ぜるなどすると乾燥が防げます。乳液は数百円の安いもので充分です。

 

後は体全体に使えるボディローションやボディミルクなどを下着を履く前にそっとつけてから履くと乾燥によるかゆみなどが防げます。

 

ただし、クリームや乳液には脂分が多いので、少しだけにしておきましょう。塗りすぎるとお尻ニキビの悪化や菌類の繁殖が起きてしまいます。

 

栄養があるためです。肌の状態に合わせてケアを変えるのも、お尻ニキビや黒ずみを解消する基本的な方法です。

 

皮脂が正常に働いているときには控えめに化粧品を使い、皮脂が足りなくなったら補ってあげるということが大切です。

 

慣れると触っただけでコンディションがわかるようになります。日ごろからおかしなところがないか確認しておきましょう。

 

お尻ニキビや黒ずみは早いうちに対処をすれば悪化しないで済みます。跡が残ったりしないように正しいケアをしていきましょう。

 

関連ページ

お尻ニキビと黒ずみのケアを間違えない
お尻ニキビと黒ずみと日常生活について掲載します。
サニタリー用品で擦れいないか
お尻ニキビや黒ずみの要因のひとつに女性の場合は帯下、要するにおりもの、そして経血の問題があります。
お尻ニキビと黒ずみの化粧品
お尻ニキビや黒ずみは一般の化粧品でも対処できます。敏感肌の方のためのシリーズもありますし、カーマインローション等消炎作用があるものをつけるということもできます。
入浴で血の巡りをよくする
お尻ニキビも黒ずみも肌の新陳代謝、ターンオーバーによって改善することがあります。
他の病気の可能性もある
お尻ニキビや黒ずみがなかなか改善しない場合はできたら、早めに皮膚科を受診しましょう。